LUXシャンプー評価【ベタつきの原因は○○の成分にあった!!】

LUXシャンプー 評価 ベタつき

市販のシャンプーは使っても大丈夫??
なんて、気になったことはありませんか??

LUXのシャンプーはサラサラになるけどベタつきも気になる。
実際に使っている人たちの評価・評判
を調べてみました!

 

LUXシャンプー【良い評価・悪い評価】まとめ

 

LUX(ラックス)のシャンプーを実際に使っている人たちの
良い評判・悪い評判を見ていきましょう!

良い評価

  • 香りも良いしサラサラになる!
  • 湿気があってもうねりにくいから重宝しています!
  • とにかく香りが良い!

悪い評価

  • 使った次の日はとってもベタベタで最悪だった!
  • フケがよく出るようになった
  • 香りも好きだけど、夕方になると髪の毛がペターとなる

 

確かに、体質や毛質は人それぞれですし、
何とも言えませんが
実際、私が美容師さんに使ってはいけないシャンプーって何ですか??と聞いたところ、

LUX・TSUBAKI
などの名前が上がりました・・!笑

私はその時、
TSUBAKIのシャンプーがとても合っていたので使っていましたが

美容師さんに
「使い続けていると髪だけでなく、頭皮にも体にも悪影響だから
今すぐやめた方が良いよ!」
と言われてやめました!笑

 

 

ベタつきが気になる場合はシャンプーを見直すべき!!

実際、LUXシャンプーを使っていて

「ベタつきが気になる!」という口コミや評価をよく見かけます。

一体、
Luxのシャンプーはどんな成分が配合されているのかというと・・・

 

シャンプーの成分表

水、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコール、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、コカミドMEA、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、スクワラン、酢酸トコフェロール、トレハロース、アルギニン、ジメチコノール、ジメチコン、アモジメチコン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、カルボマー、キサンタンガム、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、ポロキサマー407、ラウレス-4、ラウレス-23、トリデセス-12、セトリモニウムクロリド、PPG-7、PEG-4、クエン酸、水酸化Na、TEA、EDTA-2Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料、カラメル

コンディジョナーの成分表

水、ステアリルアルコール、グリセリン、ジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、スクワラン、酢酸トコフェロール、トレハロース、アルギニン、グルタミン酸、セトリモニウムクロリド、パラフィン、DPG、PG、アモジメチコン、PEG-180M、PEG-7プロピルヘプチルエーテル、(C12-14)s-パレス-5、(C12-14)s-パレス-7、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料、黄203、赤504、紫401

 

おそらく、
ラックスのシャンプーでベタつき・髪の毛の乾きが遅いのは
「シリコン」と「余分なオイル」が原因と言われています、

中でも最近では「ノンシリコンシャンプー」をすすめられますが、
シャンプーにシリコンが使われていなくても
コンディショナーやトリートメントに使われていることも多いのでよくチェックして選ぶことをおすすめします!

ちなみに「シリコン」は成分表に

  • ジメチコン
  • シクロメチコン

と表記されています。

 

しっかり洗い流せなかった「シリコン」は
毛穴や体内に蓄積されて悪影響を及ぼす原因ともなります。

健康のことを考えると
シャンプー1本選ぶのにも考えた方が良いですね!

 

ノンシリコンシャンプーがおすすめです!

 

髪や頭皮は年齢を重ねる度に変化していくものです。

そこで、髪だけのケアだけでなく
頭皮のケアまで考えたシャンプーとして
やはり「ノンシリコンシャンプー」がおすすめです!

髪・頭皮のエイジングケアとしておすすめのシャンプーも紹介しているので
気になる方はチェックしてみてくださいね!

》》》私がおすすめする「ノンシリコンシャンプー」を安く購入する方法とは??

 

ちなみに、
私はシャンプー選びをミスってから
お肌がとっても荒れました・・・。
(ニキビ肌ではなかったのに
顔中、ニキビだらけになっちゃいました・・・涙)

みなさんも気をつけてくださいね!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>