髪の毛がボサボサな女の子【簡単に改善する驚きの方法】

髪の毛 ボサボサ 女の子 改善

女の子にとって、髪の毛が決まるか決まらないかで、
その日の気分ってずいぶん変わっちゃうんですよね。

今回は、
髪の毛がボサボサになりがちな女の子の改善方法と、
くせ毛の原因について調べてみたいと思います。

 

なぜ髪の毛はボサボサになる?その原因は?

朝、頑張ってセットしてるのに
、気づいたら髪がボサボサになってしまってる!!!
っていうことありますよね。

特に雨の日や湿度が高い日。
まず、朝から髪型が決まらないー!
とパニックになっちゃったり。

学生の頃から私もその一人です。

どうして、髪はボサボサになるのか?

その原因は、ズバリ、「くせ毛」です!

くせ毛の人は直毛の人よりずっと、
髪がいろいろな影響を受けてボサボサになりやすいようです。

くせ毛になる原因にはいろいろありますが
その中でも代表的なものはコチラ!

  1. 毛根のゆがみ
  2. コルテックスのバランス
  3. 遺伝
  4. 添加物や汚れによる毛穴のつまり
  5. 食事や生活習慣
  6. ホルモンバランスの崩れや髪質の変化
  7. 毛穴からの排泄物

 

どうですか?
あなたはこの7つの原因に当てはまりますか??

日本人は7割ぐらいの人が、
遺伝により毛根が歪んでいるため生まれつきくせ毛であると言われています。

つまり、7割の女の子が髪のお悩みを持っている!
ボサボサの髪の毛を改善したい!と願っているかもしれないんですね。

 

ボサボサ髪・くせ毛を改善する方法とは?

ボサボサ髪は、
もともとくせ毛なんだから直らない!と諦めないでくださいね。

くせ毛自体を完全に直毛に変えてしまうことは難しいですが、
改善する方法はあるんです!

自然乾燥ではなくドライヤーで乾かす

髪は濡れた状態ではキューティクルがはがれやすい状態です。
濡れたまま放置せず、ドライヤーで乾かしましょう。

毛根を意識して、くせ毛防止のためのブローを!

1.手とドライヤーを同時に動かしながら乾かす

まず、タオルドライ後の湿った状態の髪の毛に手を入れ、
頭皮側から毛先側へ手とドライヤーを同時に動かしながら
手と髪の毛に風を当てるようにブローしていきます。

そして、髪を軽く引っ張りながらまっすぐ伸ばすようにブローします。

2.髪の毛の形が決まってきたらスタイリング剤を

ブローが終わって温度が下がってくると髪の毛の形が決まってきます。

くせ毛の場合は、髪の毛の形のもちが悪いので
スプレーやワックスで固めてあげることでブローした形を維持するのを手助けします。

トリートメントやオイルで保湿ケアをしっかり

髪の毛の水分不足によってくせはきつくなるので、
くせ毛のケアにおいて大切なのは、ずばり!保湿です!

ブローの後、髪に水分を補給するため
洗い流さないトリートメントやオイルを付けていきましょう。

週に2,3回はしっかりとトリートメントをしていくとくせは軽減します。

最近は、くせ毛のためのシャンプーやトリートメントもあります。
それらを上手に使うことでも、くせ毛を徐々におさえていくことができますよ。

ちなみに…
私が最近、使っている
ボサボサの髪を改善してくれるおすすめのシャンプーが…
【POLA】ノンシリコンシャンプー/フォルム です!

 

美しい髪の女性はモテる!

男女問わず、サラツヤ髪の女性は魅力的に見えますよね!

いろいろ忙しくって、
ついつい髪を乾かさずそのまま放置してしまいます…。

毎日しっかりブローするのは難しいかもしれませんね。
でも、美容院に行って、美容師さんに髪を整えてもらうと、
自分の髪とは思えないぐらい落ち着いてる!!!なんてことはありませんか?

髪は、手をかけることで、サラツヤ髪になってくれます。
諦めずに、コツコツ続けて、ボサボサ髪からさよならできるといいですね。

 

まとめ

「美」を手に入れるためには
やはり「努力」が必要なんです!笑

シャンプーやコンディショナー選びにも注意を払いたいところです!
最近は「ノンシリコンシャンプー」と言って、
髪や頭皮にも良いシャンプーもあるので
一度、自分の髪に合うかどうか?試してみるのも良いですよ♫

私が日々、使っているシャンプーもおすすめですよー!
美容室のシャンプーを使うよりも安いし経済的です!笑

 

  デリケートゾーン

▲▲▲ クリック ▲▲▲

4月30日までの期間限定で配送料無料なので今すぐ買っておきましょう!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>