青林堂【中村基秀へのパワハラ問題】専務の音声と家族が気掛かり・・

「月刊漫画ガロ」や「カムイ伝」など人気マンガを出版してきた書籍出版会社の
株式会社青林堂が中村基秀元営業部長に対し専務や社長によるパワハラ(音声あり)をしたことで訴えられた。

パワハラの内容など録音テープ内容など含め、
中村基秀の退職や復職前後の状況を見ていきましょう!

 

 

 

青林堂による中村基秀(なかむらもとひで)元営業部長へのパワハラ内容とは?

最近何かとパワハラが社会問題化していますが、
この青林堂という出版社は資本金7000万円で
それほど大きな会社でもないですが、難民問題を取り上げた書籍で
社会問題を引き起こすなど最近ちょいと注目されていしまっている企業であります。

そんな青林堂ですが、中村もとひでさん48歳が
個人加入が出来る東京管理職ユニオンという労働組合に加入し、
団体交渉を求めたところ職場から解雇されてしまったといいます。

まず、
中村さんが青林堂(せいりんどう)に入社したのは、
2000年代前半。

営業職として入社するも、
約2年で青林堂を辞め転職しています。

そして、
報道によると
2014年に偶然青林堂の社長と遭遇する機会があり
再入社を決めたようです。

で、
再入社をする際に、
社長からは3ヶ月の試用期間後に正社員として登用するという話だったようですが
青林堂は全く正社員としての雇用をしてくれなかったという。

ここから
東京管理職ユニオンが出てきますが
青林堂と中村さんの間にユニオンが入ることで
2015年9月に一旦和解となったわけです。

どのような内容で和解したのか?というと
半年勤務で退職金1200万円という法外な要求をしてきたため
正規雇用という形をとったのだとか。

この復職が、
2015年10月の話。

 

そこから、
ユニオンとの関係をもちながら
青林堂で働き始めた中村さんですが
当然、会社からは仕事がもらえず??

パワハラを受けたと・・・

 

 

 

 

 

青林堂の蟹江幹彦社長や渡辺専務より中村さんの家族が心配だぞ・・・

会社の個人情報を持ちだした(名簿流出)から
解雇されたんだ!という2ちゃんねるの書き込みがありましたが、
それが本当かどうか?は別として、

何か争いが起こる時って、
完全にどちらかが100対0で良い悪い!となることって少ないですよね。

つまり、
正直こういった問題って
どちらにも何かしらの要因があったのだと個人的には考えます。

そういう意味では、
うつ病を発症してしまった中村さんの身体も心配ですが、
動画を見る限り元気そうですので、そこは一旦置いておいて
もっと心配なのは、中村さんの家族ですよね。

結婚して家族がいるかどうかわかりませんが、
顔出しして、実名を出すということは、
埼玉県の近所では噂になることでしょうから
奥さんや娘さん、息子さんがいればメンタル部分の対応が必要かと。

 

確かに、
「お前がバカだから」とか
「うちのスパイじゃん」という発言はどうかとは思いますが、
ユニオンの徹底した極秘での音声録音って道義的に良いのでしょうか?

んー
The Huffington Post には、
こんな音声もでていますがどうなのでしょうか?

 

正直な感想を言えば、
なんとなくこの極秘音声を証拠として使うことを前提に
青林堂にとって都合の悪い部分だけを切り取っている感も感じますがね。

青林堂には、
この中村さん以外にも
多数の社員が在籍していて
それぞれの社員さんにそれぞれの家庭があって
守っていかなければならないものがあるわけですから
その辺も考慮して各々行動していただきたいなぁーと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>