美肌を保つ洗顔方法【おすすめの泡洗顔がコレ!】

美肌 洗顔 方法 おすすめ

美しいお肌の基本は、
正しい洗顔といっても過言ではありません。

シミくすみを消すコンシーラー、
お肌を明るくみせるファンデーション、
血色を良くみせるチークなどなど…。

メーク後のお肌が綺麗なのは当たり前です!

でも本当にきれいにしたいのは、
メーク落とし後のすっぴん素肌ではありませんか?

そのために、毎日の洗顔は必須です!
お肌の負担となるメーク汚れや皮脂汚れは、
その日のうちにしっかり洗い流しましょう。

今すぐ美肌になれる!?おすすめの洗顔方法をご紹介します。

 

美肌を保ためには洗顔は必要?

正しい洗顔は、お肌の健康に欠かせません。
アナタの洗顔は大丈夫?
意外と知られていない洗顔方法の『3つの間違い』をまとめました。

1.熱いお湯・冷たい水で洗う

洗顔に最も適した温度は32度といわれています。

温水プールの温度が25~32度とされているので、
温かいプールぐらいの温度でしょうか。

熱いお湯は、
本来の肌水分まで一緒に蒸発させてしまい乾燥肌の原因に…!
冷たい水は洗い流す前に毛穴を閉めてしまって汚れを落とすことができません。

2.気になる部分をゴシゴシ洗う

しっかり洗いたいという一心で、
強くゴシゴシこすってしまっていませんか?

摩擦は肌への負担が大きく、
その刺激がシミやたるみにつながることもあります。

十分に泡立てた柔らかい泡を顔にのせ、
手で挟みこむようなイメージで優しく洗いましょう!

3.洗顔は朝夕2回まで

外出から帰ったあとや運動したあとは、
スッキリするために顔を洗いたくなりますよね?!

でもその洗顔、意外と危険かも!!!

実は1日に何度も洗顔フォームで顔を洗うことは、
お肌本来の油分を過剰に奪い取ってしまい、
ベタつきや乾燥を誘発します。

適量の皮脂はお肌のバリア機能を担ってくれているため洗いすぎも禁物です!!!

 

【スキンケアの基本】正しい洗顔の方法とは?

正しい洗顔としてまず気を付けていただきたいのが・・・

洗顔前に手を洗うこと!!!

これ、意外と盲点ですよね?!

手をきれいにしてからでないと、
せっかくの洗顔フォームで手の汚れを落とし、
その汚れを顔に塗りたくることになってしまいますよ。

その次に…

きれいな手で
泡立てネットを使い洗顔フォームをふわふわに泡立てましょう!

泡立てることによって
きめ細かい泡が毛穴の奥の汚れまで綺麗に落としてくれます!

ちなみに…
どの洗顔フォームがいいの?という質問を良く頂くのですが、
皆様には今、テレビや雑誌でも注目されている
POLAの「ホワイティシモ 薬用ウォッシュ クリア
」がおすすめしています。

大人の美白×保湿をうたったシリーズで、使用すること美白肌が期待できます!

 

★☆★今話題の肌ミガキ洗顔★☆★  

【1月限定でお得な特典満載!今すぐCheck!】

美容 トライアル 化粧水 シャンプー

お肌の表面にあるダメージを受けた古い角質を、
弾力のあるキメ細かい泡がしっかりと絡め取り、
そこへ保湿成分を浸透させて、
もっちりとハリのある輝くお肌に導いてくれるので大人の女性に人気なんです!

 

おすすめの洗顔フォーム【購入特典アリ】

今、POLAの「ホワイティシモ 薬用ウォッシュクリア」を
POLAの公式サイト
から購入すると、嬉しい特典があるんです!

洗顔フォームとクレンジングのセット購入で、
泡立てネットが無料でついてきます!!!

さらに使った商品のレビュー投稿でPOLAオリジナルコットンまで!
その上、お友達紹介で、紹介した方にもされた方にも嬉しいプレゼントがあります!

ポーラ ホワイティシモ ディープクリア 楽天 通販 ポーラ ホワイティシモ ディープクリア 楽天 通販

更に!更に!サイトからの購入金額に応じて、
試してみたい商品のサンプルも最大2種類までもらえます!

ポーラ ホワイティシモ ディープクリア 楽天 通販

その他、期間限定の送料無料商品も多数あるので
是非!POLAの公式サイト
をのぞいてみてくださいね!

 

まとめ

化粧水や美容液もいいけど、、、
スキンケアを見直すならまずは洗顔から!!!

正しい洗顔で、すっぴん美肌美人を目指しましょう。

 

 

★☆★今話題の肌ミガキ洗顔★☆★  

【1月限定でお得な特典満載!今すぐCheck!】

美容 トライアル 化粧水 シャンプー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>