佐野圭亮【都内6LDK豪邸の場所はどこ?】子供は!?

佐野圭亮 子供 6LDK 豪邸 場所 どこ

1月10日(火)放送の『解決!ナイナイアンサー2時間SP』で、
豪邸に住む2世タレントとして取材されていた佐野圭亮さん。

佐野圭亮さんって一体何者?都内6LDKの豪邸の場所はどこ?子供は?
と、色々と気になったので調べてみました!

調べれば調べる程、
ビックリするような経歴ばかり!笑

気になっている人は是非参考にしてくださいね!

 

都内6LDKの豪邸に住む、佐野圭亮さんって誰?

そもそも…
6LDKの豪邸に住んでいる佐野圭亮さんって一体何者なの???

って思った人も多いのではないでしょうか?
テレビでは2世タレントとして紹介されていましたが…

ご本人も俳優です!
そして、父親は…そう!

佐野さんの父親は、あの水戸黄門の
2代目、助さん役を演じていた超ベテラン俳優である
里見浩太朗さんなんです!笑

しかも!
17年も助さん役を担当していたそうです!

佐野圭亮 子供 6LDK 豪邸 場所 どこ
画像引用元:http://plaza.rakuten.co.jp/

里見浩太朗さんは
2度結婚されているそうで、

1人目の奥様は一般の方らしいので
公開はされていないそうなのですが…。
2人目の奥様は
ベルリオリンピックのレスリング日本代表としてに出場した
風間栄一さんの娘さんらしいです。

 

では、佐野圭亮さんの母親はどっちかと言うと
実は1人目の母親の子供らしいですね。

佐野さんが7歳のころ
離婚して母親に引き取られて育てられたそうです。

 

なんだか複雑な家庭環境で育ったのか?
水戸黄門の主題歌である

「人生楽ありゃ苦もあるさ〜」って人生だったのでは?と思ってます!

ちなみに…
佐野圭亮さんが幼少期の頃のあだ名は
「助さん」だったそうです!笑

 

ザ!2世タレントの佐野圭亮さん…。

ぶっっちゃけボンボンですね!笑
羨ましい!笑

 

現在、舞台や俳優としても活躍しているそうですが…
正直…私は今回のテレビ出演で初めて拝見したような…?笑
(私が知らないだけか!笑)

 

この放送をきっかけに
今後、売れっ子芸能人になるのか???
期待できそうですね!笑

 

豪邸の場所はどこ?

 

気になる6LDKの豪邸の場所ですが…
めちゃめちゃ気になりますよね!

テレビでは
家の敷地内にゴルフ練習場があったり…。
家にはサウナも完備。

 

しかも「都内」ということですからね!
いや…ビックリでしょ!

都内で6LDKの豪邸に住むとなったら税金もすごそう!!!笑

場所も気になって調べてみたのですが…
すみません!場所の特定はできませんでした…。

が、恐らく!
芸能人が住む高級住宅街と言えば!

東京都港区・東京都世田谷区・東京都世田谷区などが有名なので
その辺りなのではないか?と勝手に予測してます!

(勝手にですよ!笑)

またこの放送後に新しい情報も入ってくると思うので
随時、更新していきますね!

 

佐野圭亮さんの子供は?

 

そんな佐野圭亮さんには子供はいるのか?
と思って調べました!

実は、佐野圭亮さんは現在結婚していらっしゃいます。
奥様は女優の「おおたにまいこ」さんです。

>> おおたにまいこさんについての詳しい記事はコチラ

佐野圭亮 子供 6LDK 豪邸 場所 どこ
画像引用元:http://ameblo.jp/keisuke-sano-keisuke/

おおたにまいこさんと言えば!
時代劇をはじめ舞台でも活躍している人気女優さんです。

美人の上に演技もできるなんて…
理想の奥様ですね♡

さて…
そんな佐野圭亮さんとおおたにまいこさんの間に
子供はいるのか?と気になったので調べてみましたが…

現在、まだ2人の間にお子様はいらっしゃらないみたいですね!

 

そもそも…
佐野圭亮さんの精神年齢が低すぎて
佐野さん自身が子供なんだとか??笑

アニメやプラモデル作りが大好きな
精神年齢5歳の40歳のおじさんだそうです!笑

こりゃ…。イタイ…。

けど、こういった姿もまた
可愛いんじゃないでしょうか?笑

 

まとめ

 

という訳で今回は
佐野圭亮さんの豪邸の場所や子供、母親や奥様などについて調べてみました!

是非、参考にしてみてくださいね!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>