乾燥肌ケア【カサカサお肌が改善!?】圧倒的な美容液とは!?

乾燥肌 ケア カサカサ 改善

空気が乾燥してくるこの時期、
乾燥肌の方にとってはカサカサ肌をケア、改善したい!というのが一番の願いですよね。

毎年毎年悩んではいるものの、
これといった解決策が見つからず、なんとなくケアしているうちに季節は変わり…。
みたいな感じではないでしょうか?

ちょっといいかな?と思って使ってるんだけど、
もっと私の肌に合うものはないかな?!と気が付いたら別のものを探してしまっていたり…笑

そんな方におすすめしたい美容液があるのでご紹介させて頂きます!!

 

そもそも乾燥肌の原因は?

 

乾燥肌には、2種類あります。

乾燥肌 ケア カサカサ 改善

一つは、
アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患がある場合。

もう一つは、
お肌を自ら乾燥しやすい状態にしてしまっている場合。

皮膚疾患がある場合には、
自己判断でケアすると悪化することが多く、
間違ったケアによりさらに状態が悪くなってしまう恐れもあるので、
必ず皮膚科を受診し適切なケアをしてください。

二つ目の自ら乾燥肌を招いている、とはどういうことか?というと、
肌には本来保湿能力が備わっています。

お肌が水分を保持する三大要素は、
皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質(セラミドなど)です。

乾燥肌はこれらの働きが妨げられることにより起こります。

では、その妨げる要因になっているのが何か?というと、

  1. 間違ったスキンケア
  2. 食事、食生活
  3. 生活習慣

です。

 

カサカサ肌のケアはできていますか?

 

乾燥肌の原因となる3つの要因について、
それぞれ、ケアの方法があります。

1.間違ったスキンケアについて

洗顔は洗いすぎない。

乾燥肌 ケア カサカサ 改善

必要な皮脂まで洗い流してしまうことにより起こる乾燥肌は多いです。
夜はメイクや汚れを落とすためにメイク落としをした後、
しっかり泡立てた洗顔料で洗いましょう。

朝の洗顔は、洗顔料を使わずぬるま湯で洗い流すだけにするだけでも、
数日で肌の潤い感は実感できると思います。

洗顔後はすぐに保湿剤などのスキンケアを行ってください。
洗顔後からスキンケアまでの時間が短ければ短いほど、
乾燥は防ぐことができます。

 

2.食事、食生活について

乾燥肌 ケア カサカサ 改善

乾燥肌を防ぐのに必要な栄養素は、
必須脂肪酸(特にオメガ3系脂肪酸)、
亜鉛、ビタミンA・B・E・Cです。これらが足りないと乾燥肌を招きやすくなります。

偏食やダイエット、加工食品の食べ過ぎ、
飲酒によっても乾燥肌が起こりやすくなるので、
食生活ももう一度見直してみましょう。

 

3.生活習慣について

睡眠不足や乾燥した部屋は乾燥肌の大敵です。

また、肌触りの悪い服や寝具も皮膚を傷め乾燥させる原因になります。
さらに、42度以上のお湯や長時間の入浴など、
間違った入浴方法によってもお肌は乾燥するので要注意です!

 

 

 

乾燥肌が改善!?今話題の美容液がコレ!

 

これらの生活における改善方法に
さらに効果をアップさせてくれるのがスキンケア製品です。

その中でも、今、非常に話題になっている商品があります。

その名も「Flua Clef(フルアクレフエッセンス)」です。

女優・辺見えみりさんプロデュースの
今、話題の美容液です。

▲△▲Flua Clef(フルアクレフエッセンス)▲△▲

 

高級美容成分であるプロテオグリカン
胡蝶蘭エキスがダブルで配合してあります。

この組み合わせは他には無い、贅沢な配合になっています。

満足できる使用感のために、
品質、濃度にもこだわって作られました。

それにより、驚きの保湿とエイジングケアが実現されました。
3層のモイストガード(トレハロース、スクワランオイル、グリセリン)により、
お肌の潤いもしっかりガードすることができます。

 

実は今、このフルアクレフを初めて購入する人限定で、
送料650円分の負担だけで、
10日分のミニボトルが無料でお試しできます。

これには私も驚いてしまいました。

定期トクトクコースに入会する必要がありますが、
これはいつでも解約可能なので、
実質初回分無料でお試しからスタートできるってうれしいですよね!

この機会にぜひ、
お試し感覚でお申込みしてみてはいかがでしょうか?

【お申込みはコチラから!】

メディプラスゲル

 
▲△▲クリック▲△▲

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>